ニキビに関する基礎的な情報

ニキビは洗顔の質によって改善が違う

ニキビに関する基礎的な情報

ニキビに関する基礎的な情報

ニキビには思春期の頃に体験するものと、大人になってから体験するものに分かれます。その二つはニキビという総称としてくくられるものの、原因は大きく異なります。

思春期ニキビの特徴としては、10代から20代にかけてホルモンバランスが影響し、皮脂の分泌が活発になることによって起こります。顔や胸など、皮脂腺が多い部分でニキビが発生するのです。

これとは異なる大人ニキビの特徴としては、原因が非常に複雑です。生活習慣の乱れやストレス、食生活の偏りやメイクの影響。月経周期の影響など、実に多くの原因があります。さらに、多くの人に効果を与えた洗顔料や化粧水などのスキンケア商品は、本当に自分の肌に合うかは使ってみなければなりません。

ただし、二つのニキビに共通するのが、洗顔によってニキビの症状を抑制することができるという点にあります。洗顔後の保湿も必要ですが、ここでは洗顔に着目して解説します。

洗顔をするということは皮脂や角質を取り除き、毛穴の詰まりを解消してくれます。これによってニキビができにくい環境を作ることができるのです。洗顔こそが、ニキビの原因を取り除く働きをしてくれるといっても良いでしょう。もちろん、専門機関に受診するとニキビ対策を行ってくれますが、洗顔によって状況の変化があるかを確認するのが第一となります。

ニキビの基礎的な情報